読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キモノハジメかえる堂

大阪府八尾市の着付教室・キモノハジメかえる堂講師のブログです。着物まわりのことを中心に綴ってまいります。

「フィオナ・タン まなざしの詩学」(国立国際美術館)

各種展覧会・舞台・コンサート コーディネート お食事処

みなさまこんにちは、かえる堂です。

 

コギクさんに誘われて、「フィオナ・タン まなざしの詩学に行ってきました。

f:id:kimonohajimekaeru:20150323155408p:plain

この日は3/22の最終日でした。

場所は国立国際美術館

 

フィオナ・タンさんはオランダ在住の映像作家。お父様は中国系インドネシア人、お母様はオーストラリア人。生まれはインドネシアで育ちはオーストラリア、現在はオランダにお住まいなのだそうです。

正直言って、映像作品ってあまり馴染みがないので、芸術性についての良し悪しは良く判らないのですが、面白かったです。

この日ドキュメンタリー作品は「興味深い時代を生きますように」(1997)

フィオナ・タンは前述のように多彩な文化の中で育った人なんですね。この作品は、香港やインドネシア、オランダなどに住む自分の親戚縁者を取材し、自身のアイデンティティを探っていくというものです。

もう一つ「影の王国」(2000)というドキュメンタリー作品も上映していました。

味深い~」は60分、「影の王国」は50分で、続けて観ると結構長いんですよね。

 

f:id:kimonohajimekaeru:20150323155429j:plain

国際美術館外観。地上にあるのは美術館のエントランス部分のみ。

展示スペースは全て地下の階にあります。

 

 

このあとは、心斎橋のJaminで食事。

tabelog.com

f:id:kimonohajimekaeru:20150323155520j:plain

撮影中のコギク氏とおろしハンバーグの図。

 

コギクさん、誘っていただきありがとうございました~★

 

 

ついでにこの日の帯まわり。小物だけ春っぽくしてみました。

f:id:kimonohajimekaeru:20150323162942j:plain

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

かえる堂では 着付け教室・着付のご依頼 を承っております。
詳しくはこちらをご覧くださいませ
    ↓↓↓