キモノハジメかえる堂

大阪府八尾市の着付教室・キモノハジメかえる堂講師のブログです。着物まわりのことを中心に綴ってまいります。

「夜のお菓子」 とは、『そういう意味』ではないのだ (ワンコのお墓参りへ その2) 

みなさまこんにちは、かえる堂です。

前回の続きです。

浜松の定番お土産菓子いえば、うなぎパイでしょう!

ということで、うなぎパイファクトリーにやってきました!

入口にはいきなり「うなぎパイトラック」。

飾る為だけに作られたんでしょうね~贅沢やわ。そうとう儲け・・・ゴホン 遊び心が感じられます★

f:id:kimonohajimekaeru:20150818002808j:plain

春華道のオリジナルキャラ、うなくん。

いつの間にこんなものを作っていたのだろう。

でもなかなか良いと思います、着ぐるみを作りやすそうだし(そこか!?)

f:id:kimonohajimekaeru:20150818002812j:plain

内部の写真を撮影し忘れてあまりお見せできないのですが・・・

うなぎの形をした手すりとか、細部にこだわりが多々見られて面白い!

f:id:kimonohajimekaeru:20150818002815j:plain

工場の中を上からガラス越しに見学。

機械化されているのですが、点検ですとか細かい作業は人が行っているようです。

こういうレーンはずっと見ていても飽きないんですよね~

f:id:kimonohajimekaeru:20150818002819j:plain

うなぎパイをひたすら箱詰めしているロボットたち。

左の子は箱詰め、右の子は箱を蓋する作業。

f:id:kimonohajimekaeru:20150818002826j:plain

 

夜のお菓子

ところで、はじめてワタクシがうなぎパイを食べたのは学生のころ。

その時、うなぎパイの袋「夜のお菓子」て書いてあるのを見て

「意味深やな~ハイセンスな記載が◎だわ~」

と思ってたのです。ガーリックも入ってるって書いてあるし。

でも、今のご時勢、会社で配ろうものなら

 セクハラ扱い ⇒ 苦情で問題に ⇒ 名前変更、最悪製造中止 

なんてことにならないかとか、本気で心配してました・・・

 

そしたら、ファクトリーでこんな展示を発見。

 

f:id:kimonohajimekaeru:20150818002831j:plain

うなぎパイの『夜のお菓子』とは、家族団らんの一時に召し上がっていただきたい、という意味です。

 

そうなの!?

15年以上も誤解してた!

 

にしては、パッケージやレタリングのデザインからはアダルトな香がプンプンよ(笑)

絶対わざとだと思う。

そして、そんな春華堂が好きだ!!

 

 

あとはこんな展示も。

f:id:kimonohajimekaeru:20150818002839j:plain

この展示方法との兼ね合いがシュールで素敵だ。

(右のって、蒲焼というより、うなぎのクネクネ感を表現してるようにしか見えないが)

春華堂、センスありますよね、いろいろと・・・・

 

 

工場見学に来た人にはミニパイをプレゼント。入場料は無料です。

f:id:kimonohajimekaeru:20150818003754j:plain

販売コーナーではブランデー入り最高級うなぎパイを購入。

「夜のお菓子」ではなくて「真夜中のお菓子」!またちょっと、狙ってますよね、確実に(笑)

f:id:kimonohajimekaeru:20150818003845j:plain

 

その3につづく

らっか家井田 工場直売 (ワンコのお墓参りへ その3 ) - キモノハジメかえる堂

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

かえる堂では 着付け教室・着付のご依頼 を承っております。
詳しくはこちらをご覧くださいませ
    ↓↓↓