キモノハジメかえる堂

大阪府八尾市の着付教室・キモノハジメかえる堂講師のブログです。着物まわりのことを中心に綴ってまいります。

単の居敷き当てを交換した後に

 みなさまこんにちは、大阪・八尾市の週末着付教室・かえる堂です。

 

居敷当てを完全我流で交換した単の着物。 


裾が弱り気味だったので、ガロンテープで補強しました。

f:id:kimonohajimekaeru:20170224233057j:plain

ガロンレース、とも呼ばれるもので、裾や袖口に縫い付けて、汚れや擦り切れるのを防止するのに使います。

フォーマル着やよそ行き用に付けるのは不格好なので(擦り切れるまで着ることがない。ということもあると思いますが)向きません。木綿、ウール、紬、カジュアルな小紋位でしょうか。

 

ガロンテープを取り付けた結果がこれ。裾の内側に付けます。

縫い目が目立たないように「くけ縫い」をしております。少し雑やけど、さすがに顔を近づけて観察する人はいないだろうから、これでOK★とする・・・

f:id:kimonohajimekaeru:20170305000738j:plain

 

表側からだとこんな感じ。

f:id:kimonohajimekaeru:20170305000746j:plain

ふちの小さなレースを僅かに出してますが、出し過ぎるとこれまたダサくなるので要注意。

 

ガロンレースの入手についてですが、私の知る限り、大阪で取り扱ってる実店舗の手芸屋さんがないのですね。

やむを得ず、北海道の和装小物店からお取り寄せしております。

ほんま、今更ですけどインターネットって便利!