読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キモノハジメかえる堂

大阪府八尾市の着付教室・キモノハジメかえる堂講師のブログです。着物まわりのことを中心に綴ってまいります。

ピアノ・レッスン3 「ブルクミュラー25の練習曲」

みなさまこんにちは、かえる堂です。

 
「ブルクミュラー25の練習曲」を終了することにしました。
独学なので、好き勝手に終了しただけなんですが、でも一応色々調べたり考えてのことなので、多分OKだろう。(好き勝手な割合、高いけど)
 

ブルクミュラー25の練習曲

前にブログにも書いたのですけど

 

その名通り25曲が掲載されているピアノ教本で、レベル的にはバイエルの次くらい。
掲載されている曲の中では「アラベスク」とか「乗馬」(昔は「貴婦人の乗馬」という邦題だった)なんかが有名です。
小学校の音楽室でピアノ女子がよく弾く曲(多分)なので、ピアノを習っていなくても「聞いた事あるわ~」という人は多いかも。
私が子供のときは、小学生がピアノ発表会向けの曲をよくこれから選んだりしてたんですけど、今はどうなんでしょうね?。
 
 

ブルクミュラー25の練習曲  全音ピアノライブラリー

 

成果を先に言いますと、下記だけ抜粋して弾きました

1 すなおな心

2 アラベスク

3 パストラル

4 小さな集い

5 無邪気

7 清らかな小川

8 優しく美しく

12 別れ

13 コンソレーション(なぐさめ)

25 乗馬

 

当初は全て弾くつもりで、1~5は、何も考えず「一応初めから弾いた方がいいよね」とか思い込んで黙々と弾いていたのです。
簡単だわ~サクサク進む~とか思いながら。
 
しかし、
「中学生、高校生、もしくは大人であれば練習効果のあるものを抜粋しても良い
と記しているサイトを発見。
 ブルク、全部しなくていいのか!
これはちょっとショックだぞ。
 
どうやら、小学生なら全部弾くことも多いみたいですが、大人はその限りではないのだそうな。
子供っぽい曲調や繰り返しが多いと飽きてくるだろうということもあるみたいなのですが、「最小限の労力(時間)で最大の効果」(手抜きではない)は、急がしい大人にとっては魅力的。
子供でもピアノの先生の判断で飛ばしたり抜粋したりすることもあるようなので、OKでしょう。
 
昔人間なもんで、かってに「教本=全部する」もんだと思い込んでました
というか、そもそも独学なので、全部弾く義務なんてないのだが・・・・
自分から型に嵌ってしまう私って、真正日本人なんだな~
 
これからは本を始める前に色々調べて計画を立てなければ!
 
と、ちょっと賢くなったのであった・・・・
 
ちなみに、ブルクをこれで終了したのは他にも理由がありまして。
練習しているうちに、左手の動きがよろしくないな~ってことに気づきまして、もっと左手に負荷がかかるような曲を弾いた方が良いと思うようになったわけです。
ゆくゆくは、バロック音楽もしたいと予定しているのですが、どうやらバロックは左手もシッカリ使えないといけないようなので、このままブルクをやっててもなぁ~と考えた次第であります。
 
この決断が正しいのかよく判りませんが。
 
うーん、やっぱりちゃんとピアノ教室に通った方がいいような気がしてきました。
迷い中です。